- 妊娠中、産後の不調

妊娠中、産後の不調

唐津市で妊娠中、産後のカラダの不調を治したい方へ

妊娠中の体調の変化

妊娠中は赤ちゃんとお母さん二人分の栄養を作ったり、老廃物を排泄したり、ホルモンバランスが変わったり、さまざまな負担が母体にかかってきます。
それを代表する変化がつわりになります。
また、徐々にお腹も大きくなり、日常の姿勢が変わったり、寝返りがつらくなったり、動きもつらくなってきます。妊婦さんの施術では、うつ伏せに寝ることはありませんので仰向けに寝る事が出来る方はどなたでも施術を受けることが出来ます。

妊娠中なので鎮痛剤は飲めない、でも腰痛や肩こりがひどくなってきたなど、お困りの方のお役に立てると思います。

産後の不調

産後に、お母さんの骨密度が低下することはご存知ですか?

貧血も多くみられます。
赤ちゃんを産むということは、自分のカラダを削り新たな命を生み出す事になります。

出産により、今まで出したことが無いような力で出産することで筋肉の緊張を作りカラダのあちこちに痛みを出す事もあります。
出産後まもなく、すごくだるい、倦怠感や疲労感が強くて、立ちくらみやめまいがあったりもします。普通の生活も、ままならないといった感じです。

産後2~3か月のころからは、髪の毛が抜けるようになって、ひどいときにはごそっと抜けてしまう事もあります。妊娠中は、胎盤から女性ホルモン(エストロゲン)がたくさん分泌されています。そのことで、赤ちゃんを育てているために、都合のいい体になります。
妊娠前の女性ホルモンの分泌量を1だとすると、妊娠中は10倍から100倍にまで増えます。
出産のとき、赤ちゃんも胎盤も体の外に出ていきます。それまで分泌していた胎盤がなくなるため、女性ホルモンがほとんど0に近い状態まで急激に低下します。
ジェットコースターのようだと言われることもあります。

一時的に、卵巣からの女性ホルモンが分泌されていないので、産後には急激なホルモンの変化が起こります。
一方、女性ホルモンは、妊娠・出産だけではなく、いろいろな部分に働いています。

女性ホルモンの働き

  • 髪や皮膚のみずみずしさの維持
  • 骨量の減少を防ぐ
  • 骨、筋肉、関節の働きをスムーズにする
  • 脳機能(集中力・短期記憶など)の維持、精神を安定させる

・・・など。

次の生理が始まると女性ホルモンの分泌が再開されるので、少しずつ体調も回復してきますが、半年から1年くらい不調を抱えたまま子育てをするのは本当につらい事だと思います。
心地よいゆらし療法を受けて、産後の不調から楽になりませんか?

産後のうつ、頭痛、肩こり

病院から退院してからは、昼も夜も赤ちゃんのお世話でココロもカラダもヘトヘトになってしまいます。

そこに旦那さんのお世話まで入るともう我慢の限界ですね(笑)そのような寝不足、赤ちゃんが泣き止んでくれない、旦那が手伝ってくれないなどのストレスによって交感神経が高まり、筋肉が緊張し、頭痛や肩こり、イライラ、眠れなくなるような自律神経の不調を起こしやすくなります。

このような状況を放置すると、産後うつなど、楽しみにしていた赤ちゃんとの大切な時間が辛く悲しいものになりかねません。我慢せずにご相談ください。

産後のめまい

産後1~3か月くらいまでの、めまい、立ちくらみ、吐き気は、貧血の症状が疑われます。
産婦人科でも血液検査をされると思うので、お医者さんにご相談ください。
食事では、鉄を多く含むレバーや葉酸の多い緑の野菜を心がけてください。

産後には甲状腺機能の異常が隠れていることもあるので、すぐに疲れる・酷い倦怠感を感じる・めまいや動機が良くならない・手の震えなど、あまりに辛い症状が長期続く場合には、一度、医師に相談された方がよいでしょう。

当院では、カラダの痛みはもちろん、ココロが癒されるような施術と時間を提供しております。

治療のペース

1週間に1~2回、状態が安定すると2週間、3週間に1回と間隔を少しずつ空けていきます。
3回から5回を予定しております。

骨盤を締める運動をお伝えしますので施術後も継続して行ってもらえると、良い状態を保つことができます。


アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております