- Blog記事一覧 -レントゲンで癌になる???

レントゲンで癌になる???

2014.10.07 | Category: ブログ

医学不要論をとなえるドクターの記事です。
作成: 内海 聡
放射線検査

著名な米国の医学者であるロバート・メンデルソン医師は、アメリカで行なわれているX線撮影の30%は、医学的に何の必要もないと述べている。X線撮影による不必要な放射線の遺伝子影響により、アメリカ人の3万人に死者が出るであろうことが示唆されている。

日本は世界一のCT保有国であり、その台数や検査数は二位以下を大きく引き離している。日本での不要な放射線検査は30%などというものではない。2011年に日本では原発事故があり現在でもこの問題は進行形である。

日本人の癌の10%以上はCTなどの放射線検査によって発生している。45歳の1万人が全身CTを1回受けると「8人が発癌死亡」(0.08%)し、以降30年間毎年同検査を受けると、「190人」(1.9%)が被ばくにより発癌死亡するとされる。(近藤誠氏)

マンモグラフィーは乳がんを増やす。それは放射線リスクと誤診の二つのリスクをもっている。それがゆえにアメリカなどでは社会問題となっており、マンモグラフィーは推奨されない。マンモグラフィーをやっている愚かな民族は日本のみである。

胸のレントゲンを一年に二回とるだけで肺癌確率は1.36倍上昇する。
(チェコレポート)



原発は危険と、叫ばれてますが、

レントゲン、CTも危険がありそうです。

しかも、目に見えないところが怖いですね。



必要なレントゲン、CT以外は、ご注意ください。



月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。