- Blog記事一覧 -小中学生の腰痛は早く気づいてあげてください。

小中学生の腰痛は早く気づいてあげてください。

2017.09.04 | Category: ブログ

特に、スポーツをしている子供に多いです。

 
 
それも、真面目に取り組んでいる子が要注意。
 
 
それは、カラダの限界まで使ってトレーニングをやって、カラダの使い方、ケアが出来ていない、出来ない、などの問題があります。
 
 
子供の腰痛で小中学生で2週間以上腰に痛みがある場合、腰の骨に問題が起きているかもしれません。
 
ちなみに小中学生では、ヘルニアではなく、分離症や骨折している事が多いようです。
 
ちなみに高校生からは、ヘルニアになるそうです。
 
成長には、個人差があるので全てではありません。
 
 
 
 
子供の骨は柔らかく成長途中で、靭帯は、弾力性があり、強いので骨が負けるから骨折になるようです。
 
腰骨の骨折は、MRIでは写りにくく、CTが有効のようです。
 
CTは、被爆の影響も大きいので注意が必要です。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
 
子供の腰痛で多いのが腰椎分離
 
 
これは、初期に見つけ、コルセットで固定する事ほぼ治るのですが、進行期だと6割、終末期はほとんど治らない、骨が折れたままになります。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
 
なのでできるだけ早く、見つける事が重要です。
 
 
 
 
と言うのが病院で分かること?
 
 
 
 
では、自宅で出来ることは?
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
腰を無理に動かさないカラダを作るために、股関節と胸郭(肋骨、肩甲骨などの体幹)を柔らかくする。
 
 
 
 
 
当院で行っているのが
 
クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
このような、動かしながらストレッチができるマシンを使用して、
 
再発防止、今以上の強く柔軟なカラダを作ることを行っています。
 
 
先日、東京で西良先生のセミナーがあったのですが
トップアスリートは、練習をたくさんしているので
何かしらの悩みがあるそうです。
 
「西良 腰痛」の画像検索結果
 
ケガで選手生命を落とさない為にも
 
カラダのケアに取り組んでください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。