- Blog記事一覧 -自律神経の乱れを薬以外の方法で整える

自律神経の乱れを薬以外の方法で整える

2017.12.12 | Category: ブログ

自律神経の乱れを整体で整えられることを知っていましたか?


今までは、普通に生活が出来ていたのに、ドキドキしたり、動いてないのに汗が出たり、人前に出るのが怖くなったり自律神経の乱れは、いろんな症状であなたを不安にさせていることでしょう。



突然ですが、幽霊は怖いですか?幽霊がなぜ怖いかと言うと、正体がはっきりしないから!足もあって、手で触れる事ができる幽霊っていませんもんね!

そこで、少しだけ自律神経が乱れる原因について知り、不安や恐怖を少なくすることから始めましょう。

 

自律神経は、大きく二つに分かれます。


一つは、怒った時、緊張した時に活発になる交感神経です。心臓を早く動かしたり、血糖値を上げたり、筋肉を緊張させたり、その他、たくさんの役割があります。

 

次に、リラックスした時や、お腹いっぱいになった時などに働く、副交感神経です。胃や腸を動かしたり、眠くしたり、カラダの緊張が抜けたり、その他、たくさんの役割があります。

 

基本的に、自律神経は、オートマチックで切り替えができるようになっているのですが、肉体的疲労が続いたり、ストレスや不安、トラウマなど精神的に不安な状態が続くことで、切り替えがうまくいかず、朝、起きれない、カラダがだるい、心臓がドキドキする、食欲がない、夜になると眠れないなど症状が、次から次に現れます。



現代人は、交感神経が過剰に働いている事があげられます。リラックスする時間が少なく、常に時間に追われ、将来に不安を抱きながら生活されている方が少なくありません。


このような状態で生活を続けていると、カラダもココロも壊れてしまうので、防御反応として、いろんな症状を出します。

 


自律神経と食事

自律神経の異常と思っていたけど、貧血が原因だったと言う方もいらっしゃいます。


貧血で、脳に酸素が運べなく、自律神経が乱れる場合もあります。

それと、炭水化物が過剰な食事をしている方も、注意が必要です。



炭水化物を大量に摂取すると、血糖値が急上昇し、血管を痛めるので、すい臓からインスリンが出て、血糖値を脂肪に変換し、血糖値を下げようとする働きがあります。


すると、下がりすぎた場合、アドレナリン・ノルアドレナリンなどの血糖値を上げるホルモンが働きます。

このような、血糖値が急激に上下することで、精神的に不安定な状態を作る場合があります。

 

当院では、施術、カウンセリング、食事の相談をメインに施術を進めて参ります。


お腹には、副交感神経によって動く、内臓が入っています。ゆらし療法で、お腹の筋肉をゆるめ、大腸や小腸を動きやすい状態にすることが出来ます。実際、施術を受けた方は、お腹がグルグルと動くのを実感できると思います。そして、首や肩の緊張を和らげ、脳の血流を増やし、あたまとおなかを整えていきます。


カラダが整えられると、防御反応が出なくなり、無駄な力が抜け、正常な思考が出来るようになってきます。

治療回数は、状態によっても異なりますが、最初の1か月、週に1~2回、状態が良くなれば2~3週に1回

の治療により改善されていきます。


生活環境が変えられないような場合は、良い状態を保つためにメンテナンスとして施術を受けられることをおすすめします。


あなたに希望が見えるお手伝いが出来れば嬉しいです!

{960D23DB-6D88-4E80-9B97-E2BF23C5D217}

虹は雨が降らないと現れません。

あなたの雨が、どうか虹になりますように!

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。