- 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰痛 施術動画

ぎっくり腰 施術動画

腰椎分離すべり症 施術動画

こんな腰痛は今すぐ病院へ

  • 高熱がある
  • じっとしていても腰が痛い
  • 血尿や腹痛がある
  • 手足の麻痺
  • 感覚異常

このような症状がある場合は、緊急に処置をしないといけない場合がありますので病院に行ってください。
結石、急性腎炎、膵炎、解離性大動脈りゅう破裂、ガンの転移などの可能性があります。
腰痛だからと簡単に考えていけません。上記のような問題が隠れている場合もあるので、当院では、問診と検査を重要視しています。

どんな些細なことでもかまいません。気になることはすべて教えてください。

ゆらし療法

ゆらし療法は、腰痛に非常に有効で、筋肉の緊張を和らげ、血流が良くなり、改善の近道になります。
心因性腰痛に対しても、血流が改善される事により、脳への酸素量が増え、正常な指令が出せるようになり、回復につながります。

しかし、椎間板ヘルニアの急性期、圧迫骨折を起こしたすぐの場合は、時間がかかる場合があります。
患者さん一人一人状態が違いますので、ご相談ください。

様々な腰痛の原因

背骨の問題(ヘルニア・分離症・すべり症・脊柱管狭窄症)

長年にわたる、無理な姿勢、長時間の肉体労働、精神的ストレスにより、筋肉が緊張し続け、骨や軟骨、椎間板を痛めてしまう事が原因で起こる腰痛です。
現在、ヘルニアや、分離症などレントゲンで異常があるが、痛みがない事が証明され、骨以外の筋肉や脳(心理的要因)が原因とも言われています。

筋肉の問題(腰痛症・ぎっくり腰)

筋筋膜性腰痛症と言われ、80%以上がこの腰痛になります。
レントゲン・MRI・CTで原因がわからない腰痛になります。

しかし、原因がわからないからと、放置していると、筋肉の緊張が長期間続くことで、背骨の変形、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、脊柱管狭窄症などになる場合がありますので、お早めに施術を受けることをおすすめします。

年に数回ひどい腰痛になる方も、痛くならないようなカラダづくりをおすすめします。
当院では、痛くならないカラダづくりの為のメンテナンスコースも準備しております。

ココロの問題(心因性腰痛)

心因性腰痛とは、ココロの問題によって腰痛が引き起こされる状態です。

近年、原因不明の腰痛、難治性腰痛の背後にココロの問題が隠れているケースが多いとわかってきました。
レントゲン、MRIで原因が分からない、骨の異常があっても、腰の症状と一致しないなど、今までは原因不明の腰痛と呼ばれてきました。

原因がわからないまま、3か月以上も続く腰痛の中に、心因性の腰痛がかなり含まれています。
聞いたことがあるかもしれませんが、子供が学校に行きたくない時に、お腹が痛い、頭が痛いなどと言って学校を休んだけど、行かなくて良いとわかったら痛みが治った。これも心因性の痛みになり、子供は実際に痛みを感じています。

慢性腰痛で悩んでいる方の80%にストレスやココロの問題が多く、脳が関わっている事が証明されています。
当院では、心因性腰痛の場合でも、ゆらし療法により首の筋肉の緊張が和らぎ、脳に送られる血液が増え、脳の正常な機能を取り戻すことで、筋肉の異常な緊張を作らなくなるので症状の回復につながります。

子供の腰痛

小学生から中学生の腰痛では、骨が柔らかいので、骨折や腰椎分離症が隠れている場合があります。小学生、中学生の腰痛で長引く場合は、整形外科に一度ご相談されてください。腰椎分離症の場合、発見が早いほど治りが早く、発見が遅い場合、骨がくっつかない場合があります。(※骨がくっつかないから痛みが取れないと言う意味ではありません)

高校生からは、骨が強くなり、骨が折れないでヘルニアになる場合が多いです。

とっても短く子供時代の貴重な時間を痛みなく、楽しく過ごせるよう、お手伝いをさせて頂きます。

治療のペース

1週間に1~2回、良くなっていくと2週間、3週間に1回と間隔を少しずつ空けていきます。

症状が軽い方は2,3回から1か月くらいです。
重症のヘルニア、坐骨神経痛の場合、2,3か月ほどかかる場合があります。


アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております