- 頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

唐津市で頭痛を治したい方へ

頭をバットで叩かれた様な痛み、頭痛がひどくて夜眠れない、実際に吐いた場合は、脳疾患の恐れがありますので一度、脳神経外科を受診されてください。

整体で頭痛を治したいと思われる方は、頭痛薬が効かなくなった方や、薬の副作用が怖い、薬では根本的に治ることが出来ないと思われた方だと思います。
そのようなつらい経験を二度と繰り返さないようお手伝いをさせて頂きたいと思います。

緊張型頭痛(推定2200万人)

一番多い頭痛のタイプになります。
仕事や勉強、家事、育児など、ストレスをうまく解消できない場合に、筋肉の緊張が起き痛みを発生させる頭痛です。

痛みのタイプは、頭を締め付けるような痛み、こめかみ、後頭部からズキンと痛みが走るようなタイプだったり、感じ方は様々です。
病院の検査、CT、MRIなどでは、異常が見つからない場合は、頭痛薬での対処療法になります。

片頭痛(推定840万人)

私も、以前1か月ほど痛みが続き、この苦しみは経験済みです。
頭の後ろからカミソリで血管を切られるような痛みが1分間に数回、襲ってきました。酷いときは夜も眠れず、普段は絶対飲まない痛み止めを飲んだ事もありました。

そして、脳神経外科でMRIを取りましたが、異常はありませんでした。その病院の医師からは、肩こりからの頭痛でしょうと言われ、呆然とした記憶があります。その時にゆらし療法を知っていれば、あんなに苦しむことはなかったのですが・・・患者さんの苦しみが分かったのでそこは良かったです。

私の場合は右後頭部から額にかけて痛みが走りましたが、片頭痛は片側ばかりに起こる頭痛ではありません。
両側に出現したりすることが半数程度の方にみられると言われています。顔面や頚(首)にも痛みが出現することがあります。目の奥が痛くなったり顔面が痛くなったりする事も片頭痛の症状の一つです。病院では発作を抑えるお薬と、発作を予防する二種類のお薬を出されるようです。

どちらの頭痛も、ゆらし療法で解決できる症状で

首や肩は頭部に繋がる通路でもありますので、その部分で筋肉の緊張が起こると血流障害が発生し、頭に行く血液量が不足し、酸欠と貧血の状態が起こります。 酸欠と貧血を知らせる警報として結果的に頭痛が起こります。
どちらの頭痛も根本的にカラダの緊張があり、カラダの緊張を和らげることで血流が改善され、本来人間が持つ自然治癒力を高め、回復に導きます。

治療のペース

1週間に1~2回、良くなっていくと2週間、3週間に1回と間隔を少しずつ空けていきます。
症状が軽い方は3回ほどで改善される方が多いです。
何年もお悩みの方は、生活習慣の改善などのアドバイスも含め定期的なメンテナンスをおすすめ致します。

→ 詳しくはメンテナンスページ


アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております