股関節の痛みの方はこちら

 

膝の痛みの方はこちら

 

 


 

膝の痛みでお悩みのあなたへ

膝の痛みは、治らないとあきらめていませんか?

この膝の痛みから解放されたら、今の生活が劇的に変化すると思いませんか?

 

私が、膝の痛みに強くなれたのは、母のおかげでした。

今から15年ほど前、母がバイクの事故で、膝の十字靱帯を損傷したのがきっかけでした。

当時、整骨院の専門学校に通学していたのですが、なんとか改善できないかと、

 

10年ほど施術法を探し、練習した結果、多くのひざ痛で悩まれている方のお力になれるようになりました。

 

もし、あなたが膝痛に関して古い常識にとらわれていたり、適切な対処法を知らなかったら、ずっと痛い膝と生きていかなければならないかもしれません。

 

でも大丈夫です!

 

このページを読んで、腰痛について知ることが「回復の第一歩」になると思います。

当院では、最新の膝痛情報をもとに5年以上、安全な施術を行い、多くの方の悩みを解決してきました。

 

 

このページではひざ痛の原因と対策についてお伝えします。

なかなか治らないひざ痛でお悩みのあなたにとって重要な情報をお伝えします。

いろいろな施術を試しても改善出来なかったあなたこそ、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

このような症状で困っていませんか?

 

  • 階段の昇り降りの時に膝が痛い
  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 歩いたり走ったりするときに膝が痛い
  • 朝の起床時、歩き始めに膝が痛い
  • 長く歩いた後に膝が痛くなる
  • いろいろな病院や整体・整骨院・針に通ったけれど膝痛が治らない

 

一つでも当てはまる方は、できるだけ早く当院にご相談ください。

 

※当院は、病院や他の治療院にはない、独自の理論と技術で多く方を改善させてきた実績のある施術で、ひざ痛の根本改善のお手伝いをしています。

また、一般的な整体や整骨院が行うボキボキ骨を鳴らす施術や、強く揉むような施術ではありません。

人間は、本来自然治癒力を持っていて、私たちはそれを引き出す施術を行うだけです。

つまり、改善するのはあなた自身で “最小の刺激で最大の効果を出す” 施術をおこなっています。

 

このページでは、従来の腰痛に対する考え方や治療法について説明し、その後に本当の原因と適切な対処法についてお伝えします。

 

 

 

膝痛の本当の原因

 

一般的な病院では、膝の軟骨、半月板、靱帯などに原因を絞るのですが、

当院では、膝痛の原因は膝だけが原因ではないと考えています。


足首、股関節、骨盤など他の部位とのつながりを良くすることで動きやすい体になります。
その結果として膝の状態が改善されていきます。

当院では治りやすいバランスになれば自然と治ると考えています。
それでは膝痛の原因となる要因について解説していきます。

 

1 足首の柔軟性

膝からの多くの筋肉までつながっています。その筋肉の柔軟性が低下し膝に負担になり膝の痛みを引き起こします。

 

2腰、股関節の柔軟性

股関節周りの筋肉や骨盤の中の筋肉なども膝の影響を与える筋肉になります。膝が痛い時に、お腹をの施術をすると、不思議がられますが痛みが減少することが多々あります。

 

3 生活習慣

  • 洋式トイレの普及や、少しの距離でも車で出かけたりと、膝の筋力低下が大きな要因と考えられます。
  • 最近、テレビなどでも膝の痛みの原因は太ももの筋力低下だと、筋トレを推奨されています。
  • しかし、膝が痛いからと闇雲にトレーニングをすることは悪化する要因になります。
  • 一般的な病院では、太ももの前の筋肉を鍛えるリハビリをしますが、逆に悪化させる場合があります。

 

 

変形性膝関節症と整体

 

変形性膝関節症は整体で改善できますか?

 

当院には、変形性膝関節症と診断されたけど、旅行にいってお土産までくれる80代の女性も来院されています。

整体で変形性膝関節症の膝痛が改善する人もたくさんいます。

 

 

膝痛が改善したからと言って軟骨が再生したり、骨の変形が治ったわけではありません。
ということは、変形した膝関節が痛みの原因ではなかったという事です。

膝関節痛に限らず、そういうことはよくある話です。

 

 

腰痛や下肢痛の分野でも、椎間板ヘルニアや椎間板の変形が神経を圧迫して痛みが生じるという考えは時代遅れになってきています。

腰痛や下肢痛のない人でも椎間板ヘルニアや腰椎の変形が当たり前のように見つかることがわかっています。

つまり画像検査に見られる骨格構造上の変形は痛みの原因とは限らない、むしろ無関係なケースも多いということです。

 

ここに、希望が持てる実験結果があります。

 

 

アメリカで変形性膝関節症の方180人を対象とした報告があります。
実際に内視鏡で手術をしたグループと、皮膚を切開しただけで実際には手術をしなかったグループに分けたのです。

手術しなかったグループの患者には、内視鏡の手術の様子を写した映像だけ見せて手術はしていないのですが手術したと思いこませたのです。

 

 

そしてその二つのグループで、手術後の回復の様子を調べたところ、まったく回復率に差がなかったということなのです。

つまり実際には手術をしていないグループの患者も回復していたのです。

https://www.nejm.jp/abstract/vol347.p81

 

 

当院では、変形性膝関節症は変形が必ずしも膝の痛みの原因ではないと考えています。
変形そのものは治らなくとも痛みが良くなる可能性は十分にありますのであきらめないでくださいね。

 

 

このような症状で、3回施術をしても改善が見られない場合は専門医を紹介いたします。

  • 膝を伸ばした状態で、膝のお皿が全く動かない方
  • 膝を伸ばした状態で床と膝裏が3センチ以上あいている方
  • 膝が120度以上曲がらない方
  • O脚で膝と膝が10センチ以上隙間がある方
  • 関節リュウマチで膝に問題がある方

 

当院で紹介させてもらっているのは、福岡の和白病院 関節症センターの林 和生先生です。
関節リウマチ、股関節、膝関節外科を中心とした関節症の治療を専門とされ、手術の回避・延期を目指した患者立脚型医療としての膝・股関節の新しいリハビリを行っておられます。

福岡和白病院
TEL:092-608-0016

電話予約受付時間は、平日(月~土)13:00~16:00となります。

 

 

 

膝痛の新常識

体重と膝痛は関係なし

 

膝が痛いと痩せなさいと指導されることがありますが、痩せている方も膝痛で悩まれているので体重だけが原因ではなさそうです。太っていても軽快にダンスを踊っているかもいるので、すべて体重のせいにするのは間違っていると思います。

どのような生活をしているか、回復の為にどのようなことをやっているかが回復のカギになります。

 

 

老化と膝痛

よくあるのが整形外科で老化が膝痛の原因と言われてしまうケースです。
歳だからどうしようもない と言われショックを受けたかも多いのではないでしょうか?

しかし、若くても膝が痛い人もいれば、高齢でも痛くない人もいます。
だから歳だからという理由はあまり適切ではありません。

老化により膝関節を構成する組織がもろくなって損傷していたりすることもあります。
軟骨がすり減っている、関節が変形しているなどのケースです。

しかしその様なケースでも筋肉の調整や整体によって柔軟性を取り戻すと痛みが楽になります。
関節の変形がその場で治るわけではありませんが、症状が楽になることは多いのです。

 

 

半月板損傷

半月板損傷も変形性膝関節症同様の施術で回復が見込める場合が多いですが、スポーツで捻った、転んだ際に膝をついた、膝が外れそうな感覚がある場合は、整形外科でのMRI検査を推奨します。

当院では、浜崎の吉村整形外科クリニックを紹介させて頂いています。

 

よしむら整形外科クリニック

住所 〒849-5131 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1057-1
電話番号 0955-56-8780
診療科目 整形外科 リウマチ科 リハビリ科
診療時間 水08:30-12:00 月火木金14:00-18:00 日・祝休診

 

 

 

 

 

 

施術の流れ

当院で行っている膝痛に対する施術について解説します。

当院では膝痛の回復のために最新の情報を提供しつつストレス解消のための心のケアにも取り組んでいます。

同時に体に対して筋肉の緊張を解き血流が改善するお手伝いをしています。

膝痛の改善のためには心と体の両面からのケアが効果的と考えています。

それでは当院の施術の流れを説明します。

 

 

 

カウンセリング

あなたのひざ痛について詳しくお話を伺います。

ひざ痛の原因は、【体と心】 の両面にあります。

現在困っていること、悩んでいることを遠慮なくお話しください。

 

カウンセリングでは、なぜひざ痛になるのか?

どうしたら根本的に改善できるのか?

最新の理論に基づきわかりやすく説明いたします。

 

施術

ひざの緊張を取るために腰にやさしくアプローチをしています。

 

膝、足首、太ももの裏、股関節周りの筋肉にアプローチをします。

ストレスが関係している痛みには、首や頭それに目など、脳の興奮を鎮めるアプローチを行います。

独自に開発された技術は、内臓の筋肉や血管の筋肉の緊張も解消するという効果も確認され、全ての筋組織は私たちの技術によって緊張が解かれ、痛みから解放されます。

 

ひざ痛改善セルフケアアドバイス

当院ではセルフケア指導にも力を入れています。

なぜなら、ひざ痛は生活習慣で痛くなっている場合が多く、施術だけでの回復が難しい場合があります。

当院は、ひざ痛の原因は生活習慣であると考えているため、血流が改善するために入浴や呼吸法など効果的なセルフケアアドバイスも行っています。

 

運動指導

従来の常識では、太ももの前を鍛えるトレーニングが主流でしたが、当院は太ももの裏、肛門を閉める筋肉などインナーマッスルを重要視しています。

当院では、オリジナルのスクワットで太ももの裏を柔軟にするトレーニングを指導しています。

 

栄養指導

血流が改善したとしても血液の質と栄養を受け取る臓器がしっかりと働かない場合、回復のスピードが遅くなります。

血液の質とは酸素を運ぶ鉄やビタミンCタンパク質などの栄養をしっかり届けられる力を持っているか、ということです。

食事の影響が考えられる方は、いつもの食事について聞かせて頂く場合があります。

 

 

メンタルケア

 

日々のストレス、ネガティブな信念や思い込みがあると腰痛の回復を妨げます。

新しい情報や正しいを知ったとしても、それをすぐに受け入れられる人もいれば抵抗を示す人もいます。

読書療法ですぐに腰痛から解放される人もいれば、読むだけでは改善しない人もいます。

要は回復しやすいかどうかはその人本人の意識次第とも言えます。

 

腰痛に限ったことではありませんが、どんな症状も治りやすい意識状態と治りにくい意識状態があります。

そして治りにくい人ほどそのような意識になっている自覚が少ない傾向があります。

心と体の両面へのアプローチにより回復のスイッチを入れるお手伝いをさせて頂いています。

 

 

 

改善され方の喜びの声

膝の痛みから、歩く事や正座が辛くなった 病院のMRI検査で“半月板損傷の為無理をすると手術をしないといけないと言われた。

ネットで色々検索したところ2ゆらし療法”にたどりつき、こちらの整骨院さんを訪ねました。

1回の療法で歩く事も正座も出来る様になり、あの痛みと不快感がなくなり、今は楽しい生活を送っています。

先生の指が「魔法の指」ではないかと思ったくらいです。本当にありがとうございました。

 


治療中はたいへんおせわになりました。

体の動きに違和感も余り感じず生活出来ています。ありがとうございました。

今後共 よろしくお願いします。

 


先生に色々と話を聞いてもらい心から信頼できる治療できました。

足の痛みもなくなり良かったです。これからも空手がんばります。

 


 

ケガの治療だけでなく予防のストレッチの仕方やケガに対する様々な知識なども教えて頂き為になりました。たくさん話をしながら楽しく治療できました。

 

 

失敗しない施術院選び

最近は、整体、整骨院、マッサージ、鍼灸、リラクセーションサロンなどたくさんの施術法があります。しかし、しっかり見極めないと、骨折や打撲のようなケガをさせられる場合もあるようです。

https://www.asahi.com/articles/ASK5W2RBHK5WUBQU008.html

 

また、最近多いのが、初回の施術料金を激安にして、来院するとあなたの背骨が歪んでいると説明を受け、3か月施術をしないといけないなどと言って高額な回数券の販売する店舗も増加しております。

クーリングオフもできないようなので十分、ご納得してから購入を決めてください。特に、購入を急がせる場合は要注意です。

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/181102.html

 

 

膝の痛みや、股関節の痛みの施術事例

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

股関節の痛みでお悩みのあなたへ

股関節の痛みは、治らないとあきらめていませんか?

この痛みから解放されたら、今の生活が劇的に変化すると思いませんか?

 

 

私が、この症状について詳しくなったのは、開業してすぐに変形性股関節症の方が、来院され、当時の私ではどうにもできなく、手術をされました。

 

それから、股関節症について、手術以外の方法がないか探し、

 

東京銀座にある“ル・サロン・銀座”の松本先生のホームページを見つけ、2011年に認定書を頂き、股関節に特化した施術を行っています。

 

 

もし、あなたが股関節痛に関して古い常識にとらわれていたり、適切な対処法を知らなかったら、股関節の痛みを我慢して生きていかなければならないかもしれません。

 

 

でも大丈夫です!

 

 

このページを読んで、股関節痛ついて知ることが「回復の第一歩」になると思います。

当院では、最新の情報をもとに10年以上、安全な施術を行い、多くの方の悩みを解決してきました。

 

 

このページでは股関節痛の原因と対策についてお伝えします。

なかなか治らない痛みでお悩みのあなたにとって重要な情報をお伝えします。

いろいろな施術を試しても改善出来なかったあなたこそ、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

 

あなたは、このような症状でお悩みではありませんか?

  •  歩くときに、足の付け根が痛い
  • 立ったり座ったりする時に足の付け根が痛い
  • 変形性股関節症と診断された
  • 臼蓋形成不全と診断された
  • 変形性股関節症の手術をしたが、痛みがとれない
  • いろいろな病院や整体・整骨院・針に通ったけれど膝痛が治らない

 

一つでも当てはまる方は、できるだけ早く当院にご相談ください。

 

※当院は、病院や他の治療院にはない、独自の理論と技術で多く方を改善させてきた実績のある施術で、ひざ痛の根本改善のお手伝いをしています。

また、一般的な整体や整骨院が行うボキボキ骨を鳴らす施術や、強く揉むような施術ではありません。

人間は、本来自然治癒力を持っていて、私たちはそれを引き出す施術を行うだけです。

つまり、改善するのはあなた自身で “最小の刺激で最大の効果を出す” 施術をおこなっています。

このページでは、従来の股関節痛に対する考え方や治療法について説明し、その後に本当の原因と適切な対処法についてお伝えします。

 

 

 

一般的な股関節痛の原因

  • 変形性股関節症
  • 臼蓋形成不全症
  • 先天性股関節脱臼
  • 関節唇損傷
  • ペルテス病
  • 股関節脱臼
  • 関節リウマチ
  • 特発性大腿骨頭壊死
  • 腰部椎間板ヘルニア

 

など、様々な要因で股関節に痛みを感じる場合があります。

 

その中でも多くの方を悩ませる、変形性股関節症についてお伝えします。

 

変形性股関節症の一般的な原因

 

変形性股関節症は、非炎症性の進行性の病気です。関節軟骨がすり減ったり過剰な骨ができ、関節がうまくかみ合わないようになる病気です。

特に女性に多くみられます。

 

 

 

変形性股関節症は進行性

初期では、疲れたときや股関節に負担をかけたときに痛みが生じますが、普段の生活では特に痛みは気になりません。

 

変形性股関節症の前期になると股関節の痛みが強くなります。
痛みを感じる回数も多くなります。骨盤を大きく動かすような歩き方になります。

 

進行期になると股関節の痛みをいつも感じます。
股関節の可動域が狭くなり、寝ているときや日常動作も苦痛を感じます。

末期になると、股関節の痛みが非常に強い場合、人口関節の手術が必要な場合もあります。

 

 

 

当院の考える変形性股関節症の本当の原因

痛いのは骨と軟骨ではない

(痛いのは関節包の炎症か筋肉の痛み)

 

 

マイアミ医科大学疼痛センターで行われた研究で痛みに悩む284人の調査をしたところ痛みの原因は85%が筋肉でした。

という研究から骨だけが原因とは考えることができません。日本の医療ではレントゲンによる骨を中心とした医療の為、患者さんに触れることもなく、骨の変形を痛みの原因と決めつける傾向があります。

 

そして、変形性股関節症は進行性と言われますが、進行を止めれる場合や進行が止まっている方が多くいらっしゃるので進行性の病気とは考えていません。

当院で施術を受けて改善された多くの方は、骨に変形があっても痛みもなく生活することができています。このような事から、変形性股関節症の痛みの原因は筋肉あると考え、施術を行っています。

 

 

 

変形性股関節症の施術

 

① 腰、股関節の施術

股関節周りの筋肉や骨盤の中の筋肉が大きく影響を与える筋肉になります。

股関節が痛い時に、お腹をの施術をすると、痛みが減少し、驚かれる時があります。

 

 

 

② 足首の施術

体を支える足首が固くなることで、クッションが無くなり、股関節や膝、腰に悪影響を引き起こすことがあります。

 

 

 

③ 遺伝

変形性股関節症は遺伝の影響が考えられます。

家族で顔が似るように骨格も少し似る傾向があります。男性に比べ女性は、筋力が弱く、関節も緩いため、女の子が生まれた時は気にかけたほうが良いでしょう。また、出産の際に股関節が外側に押され、股関節に問題が出やすいとも言われてます。

 

 

 

変形性股関節症と整体

 

変形性股関節症は整体で改善できますか?

 

当院には、変形性膝関節症と診断されたけど、立ち仕事をされている50代の女性も来院されています。

整体で変形性股関節症が改善する人もたくさんいます。

 

股関節痛が改善したからと言って軟骨が再生したり、骨の変形が治ったわけではありません。
ということは、変形した股関節が痛みの原因ではなかったという事です。

股関節痛に限らず、そういうことはよくある話です。

 

腰痛や下肢痛の分野でも、椎間板ヘルニアや椎間板の変形が神経を圧迫して痛みが生じるという考えは時代遅れになってきています。

腰痛や下肢痛のない人でも椎間板ヘルニアや腰椎の変形が当たり前のように見つかることがわかっています。

つまり画像検査に見られる骨格構造上の変形は痛みの原因とは限らない、むしろ無関係なケースも多いということです。

 

  • 股関節手術を検討する判断基準
  • 左右の足の長さが3センチ以上差がある方
  • 太ももの太さが明らかに違う方
  • 下の物を拾いにくくなった方
  • 10以上、痛みで歩けなくなった方
  • 痛み止めを飲んでも効果が感じなくなった方
  • 腰が激しく痛む方

 

 

このような症状で、3回施術をしても改善が見られない場合は専門医を紹介いたします。

 

  • 膝を伸ばした状態で、膝のお皿が全く動かない方
  • 膝を伸ばした状態で床と膝裏が3センチ以上あいている方
  • 膝が120度以上曲がらない方
  • O脚で膝と膝が10センチ以上隙間がある方
  • 関節リュウマチで膝に問題がある方

 

当院で紹介させてもらっているのは、福岡の和白病院 関節症センターの林 和生先生です。
関節リウマチ、股関節、膝関節外科を中心とした関節症の治療を専門とされ、手術の回避・延期を目指した患者立脚型医療としての膝・股関節の新しいリハビリを行っておられます。

福岡和白病院
TEL:092-608-0016

電話予約受付時間は、平日(月~土)13:00~16:00となります。

 

 

 

施術の流れ

当院で行っている膝痛に対する施術について解説します。

当院では股関節痛の回復のために最新の情報を提供しつつストレス解消のための心のケアにも取り組んでいます。

同時に体に対して筋肉の緊張を解き血流が改善するお手伝いをしています。

股関節痛の改善のためには心と体の両面からのケアが効果的と考えています。

それでは当院の施術の流れを説明します。

 

 

 

カウンセリング

あなたの症状について詳しくお話を伺います。

股関節痛の原因は、【体と心】 の両面にあります。

現在困っていること、悩んでいることを遠慮なくお話しください。

 

カウンセリングでは、なぜ痛みが起こるのか?

どうしたら根本的に改善できるのか?

最新の理論に基づきわかりやすく説明いたします。

 

 

施術

股関節の緊張を取るために腰にやさしくアプローチをしています。

 

膝、足首、太ももの裏、股関節周りの筋肉にアプローチをします。

ストレスが関係している痛みには、首や頭それに目など、脳の興奮を鎮めるアプローチを行います。

独自に開発された技術は、内臓の筋肉や血管の筋肉の緊張も解消するという効果も確認され、全ての筋組織は私たちの技術によって緊張が解かれ、痛みから解放されます。

 

 

股関節痛改善セルフケアアドバイス

当院ではセルフケア指導にも力を入れています。

なぜなら、股関節痛は生活習慣で痛くなっている場合が多く、施術だけでの回復が難しい場合があります。

当院は、痛くなった原因は生活習慣であると考えているため、血流が改善するために入浴や呼吸法など効果的なセルフケアアドバイスも行っています。

運動指導

従来の常識では、股関節に負担にならないような指導がされていましたが、当院では、今まで体重を乗せれなかった筋肉に体重を乗せる練習をして歩きやすい体づくりを行っています。

 

 

栄養指導

血流が改善したとしても血液の質と栄養を受け取る臓器がしっかりと働かない場合、回復のスピードが遅くなります。

血液の質とは酸素を運ぶ鉄やビタミンCタンパク質などの栄養をしっかり届けられる力を持っているか、ということです。

食事の影響が考えられる方は、いつもの食事について聞かせて頂く場合があります。

 

 

メンタルケア

日々のストレス、ネガティブな信念や思い込みがあると股関節の回復を妨げます。

新しい情報や正しいを知ったとしても、それをすぐに受け入れられる人もいれば抵抗を示す人もいます。

読書療法ですぐに股関節痛から解放される人もいれば、読むだけでは改善しない人もいます。

要は回復しやすいかどうかはその人本人の意識次第とも言えます。

腰痛に限ったことではありませんが、どんな症状も治りやすい意識状態と治りにくい意識状態があります。

そして治りにくい人ほどそのような意識になっている自覚が少ない傾向があります。

心と体の両面へのアプローチにより回復のスイッチを入れるお手伝いをさせて頂いています。

 

 

失敗しない施術院選び

最近は、整体、整骨院、マッサージ、鍼灸、リラクセーションサロンなどたくさんの施術法があります。しかし、しっかり見極めないと、骨折や打撲のようなケガをさせられる場合もあるようです。

https://www.asahi.com/articles/ASK5W2RBHK5WUBQU008.html

 

また、最近多いのが、初回の施術料金を激安にして、来院するとあなたの背骨が歪んでいると説明を受け、3か月施術をしないといけないなどと言って高額な回数券の販売する店舗も増加しております。クーリングオフもできないようなので十分、ご納得してから購入を決めてください。特に、購入を急がせる場合は要注意です。

https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/181102.html

 

 

 

膝の痛みや、股関節の痛みの施術事例