- Blog記事一覧 -サーファーあるある

サーファーあるある

2017.04.20 | Category: ブログ

{E665E580-C67B-453C-AD8F-AFAB8ADE553B}
 
サーフィンの話題だと沢山読んでもらえるので(^O^)
 
本日の朝の立神です。
 
この時期にいい波があることに感謝?
 
 
 
サーファーあるある
 
仕事の時に波が良いとソワソワして集中に欠ける。(修行不足)
 
ちょっとの時間でも海に行く
 
サーフィンできなくても見るだけでも海に行く
 
明日波が良いとにらむと、ビールが1本減る
 
という今日の僕の心境でした。
 
 
 
 
今日は、運を良くするお話です。
 
コピペです!(笑)
 
 
【争うと運が悪くなる】2491

弁護士、西中務氏の心に響く言葉より…

私は半世紀近く弁護士をして、本当に大勢の人々の人生を見せてもらいました。

民事、刑事の仕事の全てを合わせれば、依頼者はのべ1万人を超えるでしょう。

1万人もの人生を見てきた私にはわかるのですが、世の中には、確かに運の良い人と悪い人がいます。

例えば、運の悪い人は、同じようなトラブルに何度も見舞われます。

《良い人と付き合う》

運を良くするコツの一つは、これです。

弁護士をして、大勢の人々を見ていて気づいたのは、「良い人の周囲には良い人ばかり」なのに、「悪い人の周りには悪い人ばかり」という不思議な事実です。

裁判の依頼者でも相手方もそうですが、しょっちゅう争い事を起こしている人には、他人を陥れたり傷つけたりしても自分が得をしたい「悪い人」がよくいます。

そんな人の関係者を調べてみると、やはり同じようなタイプの「悪い人」ばかりが、ぞろぞろと出てくるものなのです。

運を良くしたいのなら良い人と付き合う。

これが、弁護士の経験則です。

《争うと運が悪くなる》

つくづく感じるのは、「争っていいことは何もない」ということです。

たとえ、訴訟に勝って大金を手に入れたところで、運を悪くしては何もなりません。

実際、争いで手に入れたお金はすぐに失うことになります。

意外かもしれませんが、「争わないほうがいい」とは、弁護士の基本です。

離婚にせよ、倒産処理や遺産相続にせよ、争い事が起こって裁判になれば弁護士はより大きな報酬がもらえます。

争いを避けてしまえば、もらえるのはせいぜい相談料くらいで、さほど利益にはなりません。

だから、弁護士は依頼者が争うように仕向けていると思われがちのようですが、それは事実とは違います。

裁判は依頼者にとって最も不利な決着だと言っているだけなのです。

裁判が不利な決着なのは、勝っても負けても恨みが残るからです。

不思議なことに、裁判で勝った後に不幸になる人が珍しくありません。

勝訴を勝ち取った後に会社が倒産したり、不渡り手形をつかまされたり、経営者が交通事故にあったりする例を数々見てきました。

きっと恨みを買ったために、運が落ちてしまったのでしょう。

争いは恨みを残し、運を落としてしまう。

どうか、決して忘れないでいてほしいものです。

『「運の良くなる生き方」』東洋経済新報社

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro
 

 

アクセス情報

所在地

〒847-0861
佐賀県唐津市二タ子5860

※カーナビ設定の際、住所検索ですと別のところに設定される場合がございます。
ご不安の方は当院にご連絡を頂くようにお願いいたします。

駐車場

5台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は完全予約制となっております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。