鳥栖市在住小学6年生の病院では手術といわれた巻き爪をツメフラで矯正

小学6年生の巻き爪 病院では、手術を勧められた症例

朝、このような連絡があり、巻き爪の施術を行いました。

患者様
患者様
子供の巻き爪の治療をお願いしたいんですが
今日で空いている時間ありますか?
鳥栖からなんで1時間半くらいかかるんですが
お問合せありがとうございます。
鳥栖からなんですね。
巻き爪の状態を確認したいので
LINEで写真を送って頂くことは可能でしょうか?
大坪
大坪
患者様
患者様
それでは、爪の写真を
送りますね。
写真を見ました。
今の状態なら、爪も伸びているので
施術が可能です。
それでは、12時にご来院頂けますか?
大坪
大坪
患者様
患者様
では、12時に伺います!

 

 

症状としては、2年前から、巻き爪が原因で化膿しては、病院で治療をするを繰り返していました。

病院では手術と言われたので、なんとか改善できないかと、当院のホームページなどを見て、改善できるかも?とご相談いただきました。

 

結論から言うと、初回の施術で、巻き爪が改善され、1回の来院で巻き爪をコントロールできるようになりました。

 

 

患者さん情報

性別:男性

年齢:12歳

 

症状いつから発生したのか:

2年前から巻き爪で悩んでおり、今回、病院で爪を剥ぐ手術勧められた為、なんとか出来ないかと当院のホームページを見て来院されました。

 

当院での診断情報

小学生の巻き爪としては、やや重症でしたが、爪も柔らかく改善されやすい状態でした。

 

 

 

 

診断情報を踏まえての施術方針

巻き爪の使用器具はツメフラという医師が考えた無くさない限り、半永久的に使える巻き爪器具を使用して施術を行います。

 

 

上記を踏まえた施術を行いました

 

爪を柔らかくする為、足湯を行います。

 

次に、巻き爪の矯正です。

このように、爪を矯正していきます。

その後、爪に器具を付け治療は終了です。

良く見ると、今まで、爪が刺さっていた跡が見えます。

このように、巻き爪は手術と言われても、矯正することで、巻き爪をコントロールすることができます。

今回は両足だったので合計1時間30分ほど時間がかかりました。

 

 

巻き爪の完治は難しい
コントロールと言っているのは、巻き爪は完治が難しい症状なんです。 遺伝的要素、靴の選び方、履き方、歩き方、スポーツなど、必ず原因があるのですが、裸足で生活するわけにもいけないのでコントロールする事が重要になります。 この、ツメフラという施術法は、初回は、来院して頂き矯正を行いますが、軽度から中度の方は、1回の矯正で治療が終わり、その後自宅で、器具を装着します。 巻き爪の治療法は、たくさんありますが、現在はこの方法が爪の負担も少なく、何回も矯正しなくていいので取り入れています。

 

 

患者さんの感想

この施術を行った後に、患者さんの感想を聞いたところ、

 

あっ広がった~

爪が大きくなった~

 

と喜んで頂きました。

 

今後は、LINEでその後の状況を聞いてアフターフォローをしていきます。

 

 

今回の施術について当院の見解

 

病院では、巻き爪の手術は、日常的に行われているので、そう言われると手術をされる方が多いですが、一度手術をしても再発される方もいらっしゃいます。

インターネットで巻き爪治療と検索すると、ワイヤー矯正、プレート矯正などは、爪が伸びると矯正効果が無くなり、何度も矯正をしないといけません。

 

実は、当院でも、ワイヤー・プレート・インベントプラス・ポドフィックスなど試しましたが、どれも今一つでした。

ワイヤーは、爪がもろいと割れる、靴下にワイヤーがひっかかる

プレートは、矯正力が弱い、接着剤がはがれて取れる

インベントプラスは、重度の巻き爪には、時間がかかり高価

 

こんな時に、ツメフラを見つけ、実際に使ってみると効果もあり、器具は高いけど永久に使えるので結果的には安い!

今までの巻き爪矯正では、今のところ最高の矯正法だと思っております。

 

当院では、状況をただ改善するだけではなく、

今後、再発しないような矯正方法をお伝えし、出来る限り、手術など身体へ負担をかけずに、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

今回の患者様も、なにかあれば、LINEや電話で相談も可能なので安心して巻き爪をご自分でコントロールする事ができると思います。

という訳で今回は、鳥栖市から小学6年生の巻き爪で悩まれてる方の治療施術の紹介でした。

 

ではまた。