素潜り漁師さんを整体施術パート2

 

 

前回までの治療事例はこちら

呼子から来院された70代現役素潜り漁師さんの肩とへきの痛みを整体施術

 

患者さん情報

性別:男性

年齢:72歳

職業:素潜り漁師

 

症状いつから発生したのか:

2月末から痛みで悩まれていました。(現在3月末なので、1か月程経過しました。)

 

現在:10回目の来院

 

 

 

診断情報

初回施術後は、痛みも軽減され、回復していたのですが、また、痛くなったりを繰り返していました。

病院では、持病のリウマチで痛みが取れないと言われたそうです。

 

 

 

診断情報を踏まえての施術方針

以前のような、息をすると肩甲骨付近に出る痛みは減りましたが、肩を動かす動作で痛みが出現していました。

左右、首の動きに差がでていたので、首のアプローチを行っていきます。

 

 

 

上記を踏まえた施術を行いました

首は、非常にデリケートな部分なので、操体法という、患者さん自身に動かしてもらい、軽く抵抗をかけるという施術を行うと、左右同じくらい可動域が改善されました。

その3日後に、来院して頂くと、良くなったよ。とおしゃられていました。

 

患者さんの感想

この施術を行った後に、患者さんの感想を聞いたところ、

 

この感じなら、潜りに行かれる!と

 

という事をおっしゃっていただきました。

数回ご来院いただいて、この施術を続けていきます。

 

 

今回の施術について当院の見解

 

今回で、12回目のご来院ですが

初回は、息をするだけで痛かったのが、

2回目では、息が楽になり、

その後、施術をしていくと、痛かった動作が楽に出来る様になられました。

 

という訳で今回は、唐津地区で肩の痛みで悩まれている方の治療施術の紹介でした。

 

また次回は、素潜りに行ってみて、肩の調子がどうだったかを確認していきたいと思います。

ではまた。