唐津市在住の外反母趾で悩む女性を整体施術

今回のお悩みは、外反母趾はどう対処したら良いか分からないという相談でした。

 

 

症状としては、親指の付け根が歩くと痛い、足の裏、親指の側面にタコが出来て困ってあったそうです。

以前、娘さんが腰痛で来院され、改善されたので、外反母趾が何とかできないか?とご相談頂きました。

 

結論から言うと、今回来院していただいたことで、指の捻じれが改善され、自宅で行う運動をやって頂くことで、状態が良くなると思われます。来院前と比べると改善されています。

 

患者さん情報

性別:女性

年齢:60代

職業:主婦

 

症状いつから発生したのか:

いつ頃なったか分からないけど、10年くらい前は、外反母趾になっていると気づいたそうです。

 

当院での診断情報

親指の付け根が出っ張っており、⤴のように指が捻じれています。

これは、ヒールやサンダルを履き続けた結果、足のアーチが崩れ外反母趾や足のタコを作ってしまったようです。

 

 

 

診断情報を踏まえての施術方針

 

長年、足裏を使うことが少なく、足裏の筋肉が弱くなり、関節は固くなっていました。

親指の捻じれをもどし、足をつきやすくして、足裏が使いやすくなるように調整をして、自宅でのトレーニングで改善を目指します。

 

上記を踏まえた施術を行いました

実際に親指を施術してみると、関節が固く、捻じれがありましたが、戻ってくれました。

親指の関節の固さは、自宅で曲げるリハビリをお伝えしました。

 

 

 

患者さんの感想

この施術を行った後に、患者さんの感想を聞いたところ、

 

指が真っすぐになった。

今まで、こんなことしてもらったのは初めて!

 

という事をおっしゃっていただきました。

数回ご来院いただいて、この施術を続けていきます。

 

 

今回の施術について当院の見解

 

20代の頃にハイヒールやサンダルを履いて、足のケアをしなかった(知らなかった)ことが今回のような状態を作ってしまったようです。今のようにネットの情報も少なく足のケアという概念がなかったので、無理もありません。

しかし、今回のように施術と自宅でもケアを行うと動きが良くなり足のトラブルになることが少なくなります。

患者様が置かれている状況なども含めて、出来る限り、身体へ負担を少なくして、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

 

今回の患者様も、まだまだ、何度か当院へ通っていただく必要はありますが、今回だけでも、だいぶ楽になられてあるので、しっかり当院の指導などにも従っていただければ、従来通りに生活する事には問題ない状態までは戻ります。

 

 

という訳で今回は、唐津地区で外反母趾に悩む女性の治療施術の紹介でした。

 

また次回ご来院の際の事も続きとして紹介させていただきます。

ではまた。