唐津市在住、柔道整復師(整体師)の腰痛を施術しました。

本日の患者さんは39歳男性、職業は柔道整復師

実は、私です!

 

 

症状としては、右の仙腸関節(右の骨盤の付け根)、お尻に痛みがあり、右足に力が入りにくく、身体を曲げることができませんでした。

 

 

結論から言うと、1か月くらいで、かなり回復できました。

 

患者さん情報

性別:男性

年齢:39歳

職業:整骨院

 

症状いつから発生したのか:

これと言った原因は無く、1ヵ月前から、右のお尻に痛みがあり、我慢できない程ではなかったので、普通に仕事をしていました。

2週間後、徐々に痛みが強くなり、その後の経過をお伝えします。

 

当院での診断情報

 

右の骨盤、お尻に痛みがあり、力を入れると痛みが出ていましたが、つま先立ちが出来るので、ヘルニアではないと判断。

骨盤、お尻の痛みはあるものの、走ったり、身体を左右に捻じる動きは、正常でした。

ただ、背骨を丸くする動作、靴下をはく時がつらい症状でした。

 

 

 

診断情報を踏まえての施術方針

 

右仙腸関節に問題があると考え、運動療法を中心にスタートしました。

 

背中を丸めるときに痛みが強く感じ、反る動作は何ともなく、捻る動作も問題なく出来ました。

痛い動作は少なく、痛くない動作をやっていきました。

腰痛は、日常生活を続けることが早期回復のポイントです!

とは言いますが・・・

実家で裏山の整備(イノシシが入れないように山にネットを張る)のお手伝いをすることになり、なんとか乗り越えましたが、翌日起きると、昨日より痛みが強くなっていました。(急斜面の山なので、無理をしたのは間違いないです)

 

痛みが強くなっていたので、自分の施術をやってみました。

上向きに寝て手を背中に入れて、足をユラユラする感じです。

 

できるだけ優しく患部を柔らかくしていきます。

 

少しは、軽くなりましたが、自分ではやるには限界があり、

鏡にあるリセット整体さん

http://karatu-seitai.com/

 

に予約をしました。

 

そして施術を受けること、なんか楽~ な感じになっていました。

久々にあったので、治療のことや最近の話で盛り上がってしまいました。

人の施術ばかりで、やってもらう事がないので、貴重な時間でした。

 

そして、3日後くらいに、自分で施術をしていると、めっちゃ痛い場所を発見しました。

 

それは、右のお腹

 

両手で、右の脇腹を優しく押していくと、ズキーンとした痛みがありました。

そこは肝臓に近い場所・・・

 

肝臓と言えば、お さ け

最近、コロナの影響で、整骨院を早く締めていたので、アルコールの量が増えていたのが要因だったかも・・・

 

 

そんな訳で、リセット整体さんの施術と、お腹の施術、出来る範囲でのストレッチ、お酒の控える

事で、腰痛が軽減されたので、ブログで報告をしています。

 

急性の腰痛のほとんどは2週間ほどで改善されますが、そんなに待てない方は、整体を受けることで改善が早くなると思われます。

慢性の腰痛は、生活習慣に問題が多く、生活スタイルを変える事で、改善が可能です。

コロナで自粛ムードですが、身体の痛みでお困りの方は、ご相談ください。

 

 

という訳で今回は、私の腰痛体験談でした。

 

 

ではまた。