唐津市在住、坐骨神経痛でお悩みの男性を整体施術

本日は、坐骨神経痛を克服された方の施術をお伝えします。

 

症状としては、左のお尻が痛く、夜も眠れない痛みがあり、1週間程悩まれてあったそうです。

結論から言うと、1か月程で、痛みが無く、日常生活に戻られました。

患者さん情報

性別:男性

年齢:30代

職業:飲食店経営

 

症状いつから発生したのか:

1週間ほど前から、お尻に違和感を感じ、その後痛みが歩きにくくなり、このまま放置しても治らないと思い、当院に連絡を頂きました。

 

当院での診断情報

 

寝ていても痛みがあり、すぐに改善できる症状ではない事がわかりました。

しかし、つま先立ち、皮膚感覚、腱反射などは、正常でしたので、回復は可能だと思い施術を開始しました。

 

 

 

上記を踏まえた施術を行いました

実際に患部を施術してみると、想定通り、筋肉が硬くなり、関節の動きも悪くなっていました。

その為、筋肉の表面から緩め、徐々に深い場所を緩めていきました。

筋肉が硬くなっている場所は、軽く押すだけでも痛みを感じるので、優しく施術を行っていきます。

 

このような施術を、週に1回~2回施術を行い、1か月経過する頃には、痛みも無く過ごせるようになりました。

患者さんの感想

この施術を行った後に、患者さんの感想を聞いたところ、

 

先週1週間は、痛みを感じなくて、調子よかったです。

また、痛くなった時は連絡します!

 

という事をおっしゃっていただきました。

 

患者さん情報

唐津市湊で、あいりー と言うお店で、夏は海の家、冬はカキ小屋と、春はうに丼と、喜ぶ人の顔を見たいという信念でお店をされています。

素潜り漁もされているので、ウニやアワビ、サザエなど格安で頂くことも出来ますよ!

 

 

 

今回の施術について当院の見解

 

コロナウイルスで、飲食店は、休業要請が出たり、精神的にもかなりつらい状況で、身体の筋肉の緊張が蓄積されていった結果、このような症状を引き起こされたと感じました。

 

腰痛と心理的問題は深く関係しており、当院では、痛みや違和感などの症状は、身体からのメッセージと考え、身体だけでなく、心のケアも重要視しています。

 

ただ、状況をただ改善するだけではなく、

患者様が置かれている状況なども含めて、出来る限り、身体へ負担を少なくして、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

 

今回の患者様は、痛みが無くなり、仕事も出来そうという事で、今回で施術を終了しました。

 

 

という訳で今回は、唐津地区域で、坐骨神経痛で悩まれている方の整体施術の紹介でした。

 

 

ではまた。