50代の電気工事士さんが仕事中に転んで膝を痛め労災を使い施術しました

本日は、仕事中に、膝を痛めた方の施術を紹介します。

結論を言うと、当院での施術では回復が難しく、手術になられると思います。

 

それでは、詳しく書いていきます。

 

症状としては、2週間前より、膝が痛く、病院に行っても改善されず、当院のホームページを見て来院されました。

 

患者さん情報

性別:男性

年齢:50歳

職業:電気工事士

 

症状いつから発生したのか:

2ヵ月前に、仕事中に転倒し、その時はなんとも無かったのですが、1カ月半くらい経過した際に、膝に激痛が走り、唐津市内の○○整形を受診。

そこでは、レントゲンで、変形性関節症で、治療は電気治療だけだったので、このままでは良くならないと思われ、当院を受診されました。

 

当院での診断情報

転倒されたのが、2カ月前で、2週間前から痛みが出ているということ、そして、整形外科で変形性関節症と診断をされていることから、筋肉性の症状として施術を開始しました。

しかし、2回目の施術をして、回復されている感じが少なく、詳しく検査した際に、膝の靱帯を損傷している可能性があると伝え、別の整形外科に紹介状を書きました。

 

そして、3日後に、整形外科からお手紙を頂きました。

 

当院で、病院に紹介状を書く場合は、よしむら整形外科さんにお願いしています。

そして、お手紙には、半月板、前十字靭帯、膝の変性があることが書かれていました。

 

 

患者さんは、早く病院を紹介してくれてありがとう とおっしゃっていただきました。

 

 

 

今回の施術について当院の見解

 

整形外科でレントゲンを撮って改善されない場合は、セカンドオピニオンすることをお勧めします。

特に膝に関しては、レントゲンで分からない部分が多く、転んだ、打撲をしたなど原因がはっきりしている場合は、MRI検査を推奨します。

 

今回は、先に整形外科で、特別な異常がないという事を、聞いていましたが、詳しく検査をしてよかったと思いました。

 

今回のように、当院では、すべての症状を治すことはできません、その場合、病院を紹介する場合もあります。

患者様が置かれている状況なども含めて、出来る限り、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

 

今回のように、仕事中のケガに関しては労災も使用できるので、なかなか改善しない、などのお悩みがある方は、一度ご相談ください。

 

という訳で今回は、唐津地区で半月板、十字靱帯損傷で悩まれている方の治療施術の紹介でした。