サーファー必見 パドリングで肩を痛めない体の使い方

7月15日の朝の波

今年、唐津は梅雨時期なのに波があります。そしてコンディションも最高でした!

 

そして、サーフィンの基本 パドリングについて紹介したいと思います。

ただ、クロールのようにすればいいと思われがちですが、肩の負担が少なく、楽な方法をお伝えします。

 

パドリングで手が水中に入る時は、小指側から

 

たったこれだけなんです。

 

何を言ってるんだと思われるかもしれないので、説明をします。

 

空手の瓦割をイメージするとわかりやすいと思います。

空手チョップ!

 

パドリングも同じで

手が入水する時に小指から入れると、動かしやすく、力も入る!

 

しかし、多くの方がやっているパドリング中の手の動きは

 

こんな感じで、パドリングをされています。

実は私も、2年前まで、このやり方でした。

 

入水時に小指から たったこれだけですが、肩の負担が少なくなります。

 

そして、もっとパドリング強化をしたい方にお勧めなのが

立甲(りっこう)と言われる、肩甲骨を立たせる動作です。

 

このように肩甲骨の動きができると、肩関節で受け止めていた負担を肩甲骨で受け止めることが出来、肩のスジや関節を痛めにくくなります。

そして、肩こりも無くなります!

 

このように、当院では、体を上手に使えるようなアドバイスを行っています。