サッカーでかかとが痛くなった(セーバー病)小学生を整体施術

本日の患者さんは、唐津市在住の小学生です。

 

症状としては、かかとの痛みがあり、2週間くらい前から、サッカーの練習後に痛くなり悩まれてあったそうです。

ご家族の紹介でご来院いただきました。

 

結論から言うと、今回来院していただいたことで、再発しにくい動きと、上手な体の使い方が出来る様になりました。

 

 

患者さん情報

性別:男性

年齢:11歳

職業:小学生(少年サッカー)

 

症状いつから発生したのか:

2週間前から、練習後にかかとが痛くなる症状が発生

 

当院での診断情報

お話を聞くと、練習後にかかとが痛くなる、そして、小学生でサッカーをしているということで、セーバー病をうたがいました。セーバー病とは、かかとに痛みが出て、8歳~12歳の運動をしている男子に多く発症する障害です。

 

診断情報を踏まえての施術方針

 

セーバー病は、無理な運動をすることで痛みが起きる症状なので、日頃、どんな運動をしているのか?柔軟性がどれくらいあるのかを調べ、施術をしていきます。

そして、施術と並行して、体の使い方を変えていく必要があります。

 

上記を踏まえた施術を行いました

実際に施術してみると、想定通り、お尻から太ももにかけて筋肉の緊張があり、お腹にも硬さが目立ちました。

施術を進めていくと、走る際に、ひざだけで走っているように感じました。

 

そこで、施術後に運動指導を行いました。

体を棒のようにしたまま、前に倒してもらいます。

次に、支えた手を放します。

すると、反射的に足が前に出てきます。

走るという事は、体が倒れない為に、足が前に出る動作とイメージすると、かなり楽に走れるようになります。

そして、サッカーをしているという事なので、ターンオーバーの際に、体の重心移動をして足が動くという動作を練習してもらいました。

患者さんの感想

この動作を見ていたお母さんが、なんかサッカーをしている人に見えたよ~

 

という事をおっしゃっていただきました。

数回ご来院いただいて、この施術と動作指導を続けていきます。

 

 

今回の施術について当院の見解

 

スポーツにおける障害は、オーバーワーク、動作の間違いなど無理をすることで発生します。

ある部分が痛いからと、患部だけ施術をしても、再発することが考えられます。

当院では、患部だけでなく、なぜその症状が発生したのか?という事を大切にし、楽に体が動かせるような施術と運動指導を行っています。

 

今回の患者様も数回通院してもらい、サッカーが上手になる動きを覚えてもらい、再発が予防でき、パフォーマンスアップにつながる施術を行っていきます。

 

という訳で今回は、唐津市在住でかかとの痛み(セーバー病)で悩まれている方の治療施術の紹介でした。

 

また次回ご来院の際の事も続きとして紹介させていただきます。

ではまた。