スポーツ選手のテーピングケア

唐津で小学生、中学生を中心としたバスケットボールチーム LINKSで

テーピング講座を開催しました。

 

今回、膝と足首、指のテーピングをお伝えしました。

そして、親御さんから子供さんのお悩み相談をうけました。

 

足の疲労骨折、オスグッド(膝の出っ張り)、走った後に出る、ふくらはぎの痛み

などなど、お話をして頂きました。

 

ここで重要なのが、なぜ、この痛みが出たんだろう?という事を考える事です。

 

柔軟性の低下、練習のやりすぎ、体の使い方の問題など

治すことも重要ですが、原因を探すことをしないと繰り返してしまします。

 

子供のスポーツ障害は、練習を休むと改善されますが、練習を再開すると再発することが多いです。

痛い場所をマッサージをしてもなにも解決しないのが現状です。

最近は、スマホでスロー動画で録画ができるので、フォームなどを詳しく見れますよ。

 

このようなセミナーをすると、親御さんの身体の不調の相談も多いです。

ここでも、痛い場所を揉む、マッサージをするけど良くならないという話を聞きました。

原因ではなく結果にアプローチすると、治りが良くないようですね。

治らないで困っている方は、一度ご相談ください。

 

久々のテーピング講座で緊張しましたが、真剣に聞いて頂きありがとうございました。

右端のマスクが私です( ^)o(^ )