野球少女の膝の痛みを整体施術

今回の患者さんは、野球少女(小学5年生)

 

症状としては、右膝に痛みがあり、無理して野球を続けてたけど、不安になって来院されました。

以前、この子の両親も施術を受けて改善された経緯があり、ご来院頂きました。

結論から言うと、4回の施術で、改善し、野球が出来る様になられました。今

 

患者さん情報

性別:女性

年齢:11歳

職業:小学生

 

 

症状いつから発生したのか:

2週間前に野球の試合中に、右膝が痛くなり、我慢をしながら野球を続けていました。

 

 

当院での診断情報

 

太ももの緊張感が強くなっており、走り方に問題があり、そこから、膝を痛める動きにつながったと感じました。

 

診断情報を踏まえての施術方針

まずは、膝周りの筋肉を緩め、痛みが改善されたところで、ストレッチと走り方のアドバイスを行います。

 

 

 

上記を踏まえた施術を行いました

実際に、太ももを施術してみると、想定通り、内側の筋肉が硬く、無理な動作をした感じがありました。

このような筋肉の使い方を続けると、オスグッドやシンスプリント、肉離れなどをしやすい状態だったので、4回目の施術後に走る動画をスローで撮影し、走り方の改善方法をお伝えしました。

 

 

今回の施術について当院の見解

 

小学生の野球チームなので、走り方から指導出来ているチームはほとんどありませんが、ケガをしにくい体づくりをやっていきたいと思います。

学生のケガで突発的なケガ以外、動きのミスによって作られます。しかも、気づかずに行っている場合がほとんどです。

今回のように、早めに見つけることが出来ると、ケガで悩む子供が減ると思われます。

スロー動画など、今はスマホ一つで出来るので動きを見ることをお勧めします。

 

当院では、状況をただ改善するだけではなく、

患者様が置かれている状況なども含めて、出来る限り、身体へ負担を少なくして、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

 

今回の患者様は、4回の施術で終了しました。慢性化すると、施術回数が増える傾向がありますので、痛みでお困りの時は、お早めにお問合せください。

 

という訳で今回は、唐津地域で、野球少女の膝の痛みで悩まれている方の治療施術の紹介でした。

 

 

ではまた。