肘が痛くて、ドライバーが振れなかったのに、飛距離320ヤード到達

 

症状としては、右ひじの痛みがあり、酷い時は、ゴルフクラブを振ることが出来なかったそうです。

同じ職場の方の紹介で、改善できるかも?とご相談いただきました。

 

結論から言うと、今回来院していただいたことで、ゴルフを楽しめるようになられました。

患者さん情報

性別:男性

年齢:40代

職業:清掃業

 

症状いつから発生したのか:

3ヵ月前から痛かったが、我慢をしながらゴルフをされていました。

 

当院での診断情報

 

幼少期に骨折をされた影響で、肘が完全に伸ばせない状態でした。

しかし、治療をすることで、少し伸びるような感じがしました。

痛みの原因は、関節の隙間が少なくなっていることと、筋肉の緊張だと思います。

 

診断情報を踏まえての施術方針

 

ゴルフを続けながらの治療になるので、少し時間がかかることを伝え施術を行いました。

まず、肘が伸びないので、代わりに肩甲骨の動きを良くするストレッチも併用します。

筋肉の緊張を緩め、関節の隙間を広げる施術を数回続けていきます。

 

 

 

上記を踏まえた施術を行いました

実際に肘を施術してみると、筋肉が硬くなり、関節回りの小さな筋肉に異常がありました。

その筋肉を関節の隙間を広げる施術をすることで、筋肉が緩み、痛みが減少されました。

 

 

3ヵ月後の患者さんの感想

この施術を行った後に、患者さんの感想を聞いたところ、

この前、320ヤードのドライバーショットが打てました~

でも、友達はそれ以上行きましたけどね~

という事をおっしゃっていただきました。

 

この方は、どんな友達と回られているか恐ろしくなりました。

 

バックスイングを撮ろうとしたら、写真のタイミングが合わないくらい早かったです~

 

今回の施術について当院の見解

 

ゴルフは、お年寄りも出来る、楽なスポーツと思われがちですが、瞬間的なスピードはかなりの負荷がかかります。

そして、沢山の練習により、体を痛めることも多々あります。

今回も、練習のし過ぎと、体の柔軟性の低下が引き起こした症状と考えれます。

 

 

患者様の希望で、ゴルフを続けながら治したいなど、出来る限り、寄り添い、快適な毎日を過ごしていただく事を考えています。

 

 

という訳で今回は、唐津地区で肘の痛みで悩まれている方の治療施術の紹介でした。

 

 

ではまた。