体の基礎から考える

こんにちは。

 

昨日は、福岡で勉強会でした。

 

復習もかねて、紹介したいと思います。

 

まずは、体の基礎である、足の構造、使い方。

 

靴を履いているので、足の指が使えない人が多く、

外反母趾や浮指(指が浮いている)状態、踏ん張れない等の問題があります。

 

その影響から、足や腰に力が入り、腰痛を起こし、

骨盤の角度が変わり、背骨に負担がかかり、首や肩の痛みにつながります。

 

最初に足を鍛えるという事で

 

カーフレイズ(踵上げ)

 

スポーツジムや健康番組でもやってますが、

正確にやれている方は、ほとんど皆無です。

 

チェックポイントは、踵を真っすぐ上げる・体も真上に

・お尻とお腹に力が入っている。

 

そして、足の指全部で地面を噛みしめている。

 

一つづつチェックしながらやると、出来ていない事が多く、では、どうすれば出来るようになるかと考え、実践をする勉強会でした。

 

 

 

このように、基礎の動きが出来ることで、体は、回復していきます。

 

患部だけの施術では、また繰り返してしまいます。

 

 

もう、繰り返したくないと、もっと動ける体になりたい方のご相談お待ちしています。