側弯症を整体で治す

こんにちは。

 

今日は、側弯症について。

 

側弯症とは、背骨が捻じれて、背中の高さに差が出る症状

最近では、小学生や中学生で、調べる事が増えました。

 

約100人に一人、2人の割合に発症するそうです。

 

原因は、先天性と言って、遺伝子の問題がほとんどで

ほぼ、女性に多い病気です。

 

そして、若い頃は、問題が少ないのですが、中高年になると、

筋力低下もあり、捻じれが酷くなり、肺や胃など、内臓に問題が出る場合があります。

 

では、遺伝子が問題の症状を整体でどうするかと言うと

出っ張った場所を鍛える。

高齢になれば、変形が多くなるという事は、筋肉が弱ると曲がりやすい。

では、鍛えることで、曲がる幅は、小さくなると考え筋トレを行ってもらっています。

 

 

左がビフォーで

右がアフターです。

 

この写真の女性は、10代ですが、

今からトレーニングを続ければ、左右差がもっと減ると思います。

 

そして、このトレーニングを続けたくなる理由があります。

 

それは、ふくらはぎが細くなります。

あと、ウエストも締まっていきます。

 

女性には、とっても気になるトレーニングになっていますので、

側弯症でない方も、気になる方がいらしたら連絡をお待ちしています!