昔の捻挫が、体に影響する???

こんにんちは。

 

本日も、捻挫について書いていきます。

 

写真の方は、長年バスケットボールをされており、

捻挫を通り越して、腓骨骨折までされた経験をお持ちです。

つま先立ちをした際に、足首の角度が内側に入っています。

捻挫をした際に、足首がこのような形で固まっています。

この部分に動きを出していこうと思います。

 

少し真っすぐになりました。

 

この様に、足が少しでも真っすぐつける事で、

腓骨筋や後脛骨筋が使いやすくなり、パフォーマンスUPも可能です。

 

捻挫をしていない方でも、足首が真っすぐ使えていない方もいらっしゃるので

一度、つま先立ちをして、真っすぐ立てるか、試してみてください。

 

ほんの少しの足首の角度ですが、膝や股関節に対する影響は大きいです!

 

スポーツ選手や体の不調がある方は、足の先から調整する整体をおすすめします。